沿線沿いに住むということ | 新しいつくりの新築一戸建てを手に入れる|居心地の良い住まい
間取り図

沿線沿いに住むということ

女性

東武東上線に一戸建てを購入するなら、事前下見を行って周辺環境を熟知してから、購入すると良いです。鉄道好きや駅近を希望する人にとって東武東上線は最適な地域ですが、それ以外にも検討ポイントがあります。一戸建てを手に入れるという事は、一生暮らす家を購入すると同じ事なので、周辺環境に重点を置いて決めます。小さな子供がいる家庭なら、学校や公園が近くにある地域が良く、同世代が周りにいれば一層心強くなります。一戸建てには注文住宅と分譲住宅がありますが、たくさんの住宅が同時期に建つ分譲住宅は、生活もほぼ同時にスタートします。そのため地元出身者ではなくても、気軽に話せる相手が身近にいる事で、地域に溶け込みやすくなります。

昔から住んでいる人も多い東武東上線は、沿線を中心に発展してきた地域なので、広範囲に渡って住宅街があります。そして沿線ならではの暮らしがあるため、一戸建てを購入する際は、家族とよく話し合って決める事が大切です。ガタンガタンと鳴り響く鉄道の音はたまに聞くと耳触りの良いものですが、毎日聞くと負担になる場合もあります。またレールの上を毎日走っているため、鉄粉が発生しやすく、飛び散って住宅の屋根や壁に付着することもあります。これは東武東上線に暮らす以上は避けられない事実なので、一戸建てを検討する前に理解しておくと良いです。ただ外壁塗装の技術は進化しているため、鉄粉が付いても簡単に落とす事ができ、錆つかない外壁もあります。